CT検査

1.CT装置の概要と原理

CTはConputed Tomographyの略称です。日本語ではコンピューター断層撮影と言います。放射線(エックス線)を人体に照射して検査を行います。体内を透過したエックス線量の吸収差をコンピューターで処理して人体の横断像(輪切り)を画像化する装置です。寝台の周りをエックス線管が回転する仕組みになっています。現在はMDCT(Multidetector-row CT)の普及により短時間で広範囲の撮影が出来るようになりました。ここではMDCTに限定して説明します。

2.CT装置の特徴

A.長所

a.短時間で検査が出来る。(数秒〜数十秒)

b.撮影後の画像処理により任意の方向で画像を作る事が出来る。3D画像も容易に作成可能。

c.検査中の騒音がほとんどない。

d.ペースメーカーや体内に埋め込みの金属があっても検査が可能。

B.短所

a.エックス線による微量の被曝がある。

b.造影剤を使用しないと血管の描出が出来ない。

※当院ではDual Sorce CT(2管球CT)を使用しています。

MRI検査

1.MRI装置の概要と原理

MRIはMagnetic Resonance Imagingの略称です。日本語では(核)磁気共鳴画像診断と言います。また、MRIで血管腔の撮影をする方法をMRA(Magnetic Resonance Angiography)と言います。MRIは強力な磁石と電波(ラジオ波)を使って体の断層写真を撮影する検査です。原理は強力な磁場の中で人体に外部からある特定の周波数の電波を体に当てます。すると体内のプロトン(水素原子)が共鳴します。ここで電波を止めると共鳴したプロトン(水素原子)から微弱な電波が発生します。この動作を繰り返して微弱な電波を受信してコンピュータの解析により画像化する装置です。

2.MRI装置の特徴

A.長所

a.放射線被曝がない。

b.造影剤を使用しなくても血管の描出が可能。MRA(Magnetic Resonance Angiography)

c.骨によるアーチファクト(障害陰影)が無い。

d.任意方向の断面像が撮像できる。

B.短所

a.撮影時間が長い。(15分〜40分位)

b.撮影時の騒音が大きい。

c.ペースメーカーや体内に埋め込みの金属があると検査が出来ない。(体内金属は非磁性体のチタンなどは検査可能)

d.装置の構造上、中が狭いので閉所恐怖症の場合は検査が出来ないことがある。