CT 撮影室
SIEMENS社製128×128Slice DSCT SOMATOM Difinition Flash

128×128スライスのDual SouceCTです。
2つのX線管を搭載する事によって多彩な検査がより短時間で出来る様になりました。広範囲の造影、造影多相撮影、心臓検査、仮想内視鏡にも対応しています。また冠状断、矢状断画像、3D画像の再構築等にも威力を発揮します。

MRI 撮影室1
SIEMENS社製 MAGNETOM Skyra 3T
3.0Tの最新型MRIです。
各種専用コイルにより頭頚部(64ch)や乳房(18ch)・整形外科領域もより高品位な検査画像を撮影する事が出来ます。 VSRAD(早期アルツハイマー型痴呆診断支援システム)も導入しています。

MRI 撮影室2
PHILIPS社製 Intera Achieva Pulsar
1.5TのMRIです。
高品位な検査画像を撮影することができます。非造影で頭部血管や下肢の血管も短時間で撮影出来ます。各種コイルにより整形外科領域の撮影も短時間で行えます。 VSRAD(早期アルツハイマー型痴呆診断支援システム)も導入しています。

超音波装置
HITACHI社製F37
CT・MRI・DR・CRと共にPACS化され、すみやかな診断が可能です。

DR撮影室
日立社製DR透視装置。
胃透視、一般撮影など多彩な検査をこなします。
画像ビューワ・レポートシステム
左側の高精細モニター(2面)に撮影した画像が表示されます。右側は検査結果の報告書を音声入力で作成するシステムです。検査終了後に結果の説明をしながら報告書を作成します。
FCR XG-1
富士フィルムメディカル社製のCR装置です。胸部や腹部のX線撮影に使用します。